無料レンタル
FC2ブログ

ダルメル腐ログ

ヴァナ・ディールで生活するエル♀がどこか違う方向へ向かってしまったようです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アニメ薄桜鬼ルート解説 第4話

薄桜鬼 遊戯録の店舗特典の情報がやっと公開になりました。
しかしおそらく店舗限定版はもうどこも予約終了してると思います。(´・ω・`)
公式サイト
http://www.otomate.jp/hakuoki_yugiroku/


アニメ薄桜鬼DVD第一巻は6/23発売予定。
アニメイト、ゲーマーズ、コミックとらのあな、ソフマップにて
第一巻を購入すると、カズキヨネ特製ポスターが先着順に付きます。

薄桜鬼DVD第一巻特典ポスター

第一巻オーディオ・コメンタリーは土方歳三(三木眞一郎)、
沖田総司(森久保祥太郎)、雪村千鶴(桑島法子)だそうです。
全巻予約済の私に隙はない。( ^ω^)

「薄桜鬼 ~桜の宴~」通信販売について
先日行われた薄桜鬼のイベント会場で販売されていた物が通販できるようです。
但し、品切れになってしまった物はもうありませんが。
残っているのはボイスカード、マグカップ、パンフレット、オペラグラス。
・・・ビミョウw

それから攻略関係で飛んできてる人がいるみたいなので、
私が参考にしたサイトのリンク貼っておきます。
http://half-a.net/games1/hakuoki.html
http://games.gaym.jp/PSP/hakuoki_psp/

ルート分岐の参考用として個人的に作ったPDFも貼っときます。
http://www.mutsu.biz/hakuoki/hakuoki_psp.pdf


さて、ここより下はアニメ薄桜鬼 第4話のネタバレになりますので、
アニメ見た人とネタバレ平気な人と興味ある人だけ読んで下さい。



※文字が青色の部分はゲーム本編には登場しない。
 (アニメオリジナルor随想録に収録?されている)

薄桜鬼 第4話「闇より来る者」

池田屋への討ち入りからひと月、京には長州藩の藩兵たちが集結していた。
御所に攻め入ろうとする長州藩兵を追い返すため、新選組も出陣する。
斉藤は蛤御門、原田は公家御門、土方は天王山へと分かれる中、
三人は各地で薩摩や長州に与する者たちに出会う。

<第一章>
―――――――――――――――――――――― 元治元年7月
冒頭にて謎の人物が登場。
???「300年ぶりの嵐が吹きそう。
     ・・・これからの風向きには、注意しておいて」


 

【新選組】は会津藩から正式に出動を要請され、
御所に乗り込もうとしている長州勢を追い返すために出陣することになった。
近藤「我ら【新選組】は、これより京都守護職の命により出陣する!」

出陣する隊士を見送る山南、沖田、藤堂。
山南「あの薬を使えば・・・。
   私も再び剣を取ることが・・・できるかもしれない」


 

伏見奉行所に辿り着いた【新選組】は、会津藩より要請を受けた旨を伝えるが
門前払いされてしまう。
斉藤「近藤局長、所司代では話になりません。
    ・・・・・・奉行所を離れ、会津藩と合流しましょう」


 

藩邸で再び指示を受けた【新選組】は、九条河原へ向かう。
しかしそこで合流した会津藩士たちからも同じ扱いを受ける。
近藤「陣営の責任者と話がしたい、上に取り次いでもらえますかな?」

なんとか九条河原で待機を許された【新選組】だが、
九条河原で待機している会津藩たちは予備兵だということを知らされる。
会津藩の主戦力は蛤御門を守っているとのこと。
しかし夜襲も起こりうるので、一晩中気を抜けない【新選組】隊士。

斉藤「状況が動き次第、即座に戦場に馳せる。
    今の俺たちにできるのは、それだけだ」

原田「千鶴、休むなら言えよ?俺のひざくらいなら貸してやる」


 

翌朝、うたた寝をしていた千鶴は砲声と思われる爆音で目が覚める。
【新選組】は会津藩と共に待機を命じられていたが、
そんなことはお構いなしな隊士たちは現地へ向かおうとする。
会津藩士「待たんか【新選組】!我々は待機を命じられているのだぞ!?」

土方「長州の野郎共が攻め込んできたら、援軍に行くための待機だろうが!
    自分の仕事に一欠片でも誇りがあるなら、
    てめえらも待機だ云々言わずに動きやがれ!」


その後、土方に一括された会津藩士たちも【新選組】と共に蛤御門へ向かう。

 

しかし【新選組】が蛤御門に到着した頃には、敵はすでに撤退した後だった。
だが公家御門の方にはまだ残兵が、そして今回の御所襲撃を扇動した
中心人物らは天王山へ向かっているとのこと。
土方の指示により、原田は隊を率いて公家御門へ、
斉藤と山崎は状況確認のために蛤御門を守備、
近藤と井上は敗残兵を追討するため、京を離れる許可をもらいに向かう。

土方「残りの者は俺と来い!天王山へ向かう!」

チラリと千鶴の方を見てついてくるよう促す土方。

※ゲームではここで近藤以外へ同行するための選択肢が発生。
『・・・・・・どこに行こうかな?』 (ルート選択)
  天王山へ(フラグ:土方、風間)
     蛤御門へ
     公家御門へ

 

蛤御門では、会津と薩摩が手柄の取り合いで小競り合いをしていた。
一触即発状態の両者の間に、天霧と斉藤が割って入る。

※カメラは原田に切り替わりますが、前後してしまうので一気に書きます。

相対する二人、斉藤は居合いで天霧に脅しをかけるが天霧ぴくりとも動かず、
薩摩を代表して同軍の非礼を詫び、事を収める。

斉藤「天霧久寿・・・居合いで脅せば容易に退くかと思ったが、
    薩摩にもやっかいなやからがいるようだ。
    ・・・話の通じる点は救いかもしれんが」


 

公家御門へ向かった原田たちは、残党兵を追い返すため戦場へ飛び込む。

原田「お前ら!御所へ討ち入るつもりなら、まず俺を倒してから行くんだな!
    ――死にたい奴からかかってこいよ! 」


【新選組】の姿を見た長州藩士は、勝ち目がないと悟り撤退していく。
だがそんな中、一発の銃声が公家御門に響き渡った。
銃で打ち抜かれ、倒れこむ会津藩士。

不知火「光栄に思うんだな。てめえらとはこのオレ様が遊んでやるぜ!」
原田「遊んでくれるのは結構だが、お前だけ飛び道具を使うのは卑怯だな」


双方が挑発的な言葉を交わす。
そして言うが早いか否か、再び不知火の銃声が公家御門に響き渡り、
原田は不知火に向けて槍を突く。
だが原田の攻撃は紙一重でかわされてしまう。
長州藩士らが逃げる時間を稼いだ不知火は、その後戦線離脱する。

 

天王山へ向かった土方、永倉たちは、池田屋事件の際に
現場にいた風間と相対し、隊士の1人が風間に切られる。
今にも風間に切りかからんとする永倉と隊士たち。
『それを見て私は思わず――』 (ルート選択)
    永倉さんを止める
  一緒に戦います!(フラグ:風間)

※アニメでこのやり取りはないですが、土方の台詞が「一緒に戦います!」を
  選択したときのもの。

土方「馬鹿野郎!てめえら、自分の仕事も忘れてんのか!?」

何の予告もなしに切りかかってきた風間に対し永倉は苛立ちを覚えるが、
土方に促され本来の仕事である敗残兵の追討に向かう。
それを見た風間は永倉たちの足止めをしようとしたが、
そうはさせぬとばかりに土方が風間に切りかかる。

土方「おっと!余所見してんじゃねえよ。
   真剣勝負って言葉の意味も知らねえのか」


千鶴は負傷した隊士の手当てのため、土方と共に残る。
※ゲームでは土方のみを残して千鶴も天王山へ向かうが、
 千鶴の特異体質を早い段階で発覚させるためにアニメでは土方の下に残る。

激しいつば迫り合いを開始した土方と風間だったが、
風間はわざと力負けして刀を弾かれてしまう。
弾かれた刀は千鶴に向かって飛んで行き、右腕をかすめて橋に突き刺さる。
千鶴は右腕に怪我をするが、すぐに傷口が塞がってしまう。

天霧「風間、そこまでです。薩摩藩に与する我らが【新選組】と
    戦う意味がないことぐらい百も承知のはず」


天霧の乱入により風間は退くが、千鶴を一瞥したあと意味深な言葉を残す。
風間「まさかとは思ったが・・・やはり・・・」


※千鶴がここで怪我をしたということは、
  後にある千鶴が右腕を負傷するくだりが省略される可能性大。

 

風間の襲撃を収めた後、土方と千鶴は天王山へ向かう。
先行して上っていた永倉たちと合流したが、
今回の御所襲撃を扇動した中心人物らは残らず切腹して果てた後だった。

土方「潔さを潔しと肯定するのに、敵も味方も関係ねえんだよ。
   わかるか?」
千鶴「わかるようなわからないような、です・・・」


だが一息ついたのも束の間、天王山から見下ろした京都の街は
火の海に包まれていた。

御所に討ち入った長州の過激派浪士の指導者たちは戦死または息絶えたが、
逃げ延びたものが京の都に火を放ち、市中の民家27511戸、土蔵1207、
寺社253が消失。祇園への山鉾も、23基中22基が失われた。
この後、長州藩は朝廷に歯向かう逆賊として扱われていくことになる。
この事件は、後に禁門の変と呼ばれた・・・。


今回は分岐が少なかった!
その分だいぶ細かいところまで書き込んでしまいましたが…。
アニメは相変わらず土方ルートを進んでいますね。
だけど土方ルートは後半入るまで風間ルートでもあるので、
まさかの風間エンディングの可能性も捨てきれない。
・・・あ、そこまで行く前に終了ですかね。(・ω・)
とりあえず今週の7話放送までに6話のところまで進めたいでござる。
スポンサーサイト



| 薄桜鬼 | 2010-05-10 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT