無料レンタル
FC2ブログ

ダルメル腐ログ

ヴァナ・ディールで生活するエル♀がどこか違う方向へ向かってしまったようです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薄桜鬼 雪華録 原田左之助編 舞台挨拶レポ

10月になりました。タイバニのイベントは落ちました。
一応は一般も狙いますがまぁ無理だろうなぁ・・・。

書いたら運がなくなりそうな気がしてずっと書いてなかったんですが、
実は私、去年の12月からすごい色々と当たってたりもらってたりしてるんですよ。

・Twitterの抽選:12月のTDCイベント当たった(1組2名無料招待)
・薄桜鬼 感謝祭(昼の部):メール読まれた(笑)
・電撃 感謝祭の薄桜鬼トークイベント当たった(200名ぐらい?)
 相当倍率高かったらしいけど当選ハガキ届いてるの気付いたの前日で
 予定入ってて行けなかったので知り合いに譲ったorz 前から2列目だったのに;
・森田さんにバニーのサインもらって一緒に写真撮ってもらった。
・Twitterの抽選:私の使ってるサイトが1ヶ月無料化(1名)
・タイバニ2巻発売イベント当たった(420名だったかな・・)
・LaLa本誌で募集してた夏目友人帳のインフィオラータ当たった(40名)
・Twitterの募集:薄桜鬼 雪華録の上映会で質問読まれた。

まだあったかな・・・これで全部かな。
なんかもう当たりすぎでそろそろ死ぬんじゃないかと思ってたので、
外れてちょっと安心しました。(笑)

それはさておき、薄桜鬼 雪華録 第三章/原田編の上映会行ってきました。
薄桜鬼の人気キャラって沖田・斎藤のツートップなイメージなのですが、
今回のチケットが今までの中で一番完売が早かった・・・。
私取れなかったですもん(;´ρ`)ありがとうKさん。
彼の場合、キャラ人気というよりは声優人気なんだろうなぁ。
あ、ちなみに私の攻略隊士の本命は左之さんです。山崎さんの次に好きです。

以下、ネタバレなので折りたたみます。
ちなみに今回は1回目のチケット取れなかったので2回目3回目のみです。
上映2回目舞台挨拶→原田編と若干4巻(藤堂編)のネタバレ含んでます。
上映3回目舞台挨拶→そんなに重要なネタバレはありません。



【薄桜鬼 雪華録 上映2回目(17:40~)舞台挨拶】

今回も例によってMCは薄桜鬼プロデューサーの小倉さんです。
いつもゲストが登場する扉から小倉さんも出て来たらしく視線が集まったみたいで

MC「あ、まだ遊佐さんじゃないですよ(笑)」

って言ってました。
ちょっと調子こいてましたが色々と通常運転でした^^

遊「たくさん来てくださってありがとうございます。原田左之助役の遊佐浩二です。
  あ、男性もいらっしゃいますね・・・!
  薄桜鬼は是非男性にも見て欲しいですね、よろしくお願いします」

監「薄桜鬼の男性ファンは優しいですよね」


雪華録は各キャラクターをフィーチャーしていて云々、いつもの台詞後、
雪華録、原田を演じてどうですか?見所は?という質問に対し、

遊「原田は人柄に惚れる人物。毎回気持ちよく、邪心なく演じてるよね」

「邪心なく」を強調してしまったせいか会場から笑いがもれ、
なんで笑うのと遊佐さん反論w(それとも何か含みがあったのかしら?)

遊「原田はとにかく心意気もいい。
  雪華録は原田が人として優しいというところが重点を置いて描かれている」

監「見所は・・・永倉だなと(笑)傷ついている原田を気遣う永倉ですかねw」


監督はかなり新八贔屓なので「今回は永倉禁止で!」と何度か言われてました(笑)
 
監「あとは三馬鹿。原田は千鶴に『お前も新選組にいる以上気を付けろ』
  とかいいつつ、平助に『あの人結構割り切れないからさ』と見抜かれてて」

遊「そこは三馬鹿じゃなくて二馬鹿+1にしてください(笑)」


ひたすら原田は三馬鹿には入らないと主張する遊佐さんw
まぁ確かに左之さんは馬鹿じゃないですよね(゜ー゜;)

そして恒例のTwitterからの質問。
回を追う毎に質問数が増えてるのでさすがにもう読まれなそうだ。
しかし毎回思うんですが、もうちょっと本編とかに迫ることが知りたい。

Q.原田以外にお気に入りはいますか?また、OVAで印象が変わったキャラは?
  監督は永倉以外で!(笑)


監「斉藤君。ボタンを掛け間違えて頬を赤らめるぐらいはアリだけど、
  千鶴の女装姿
(ざわっ・・・)でまわりの浪士を全く無視するというのは(笑)
  でも斎藤は間の取り方が難しかった。そういった意味では印象が変わった」


千鶴は普段男装してるから「女装」って言い方をしたのでしょうが、
やはり女の子が女の子の衣装着てるのに「女装」って言うと違和感あるのかなw

遊「源さんは一期の最後で・・山崎さんも一期の最後でいなくなってしまうけど、
  雪華録はサブキャラの活躍もあって微笑ましい。
  源さんは『はっ』っていうリアクションしかない回があったんですが、
  『あれ・・?小林くん・・・?(源さんの声優)』
  って言ったら『しーーっ!』ってw
  一言しか台詞ないの他の人に知られたくなかったかったみたいで(笑)
  あと島田君、魚屋の姿が異様に似合っていた(笑)」


なんかさらっと流されてましたがこれたぶん、次巻以降の内容・・・w

Q.原田さんはお酒が大好きですが、もし遊佐さんが原田さんにお酒を勧めると
  したらどんなお酒を勧めますか?また、勧めたい銘柄などはありますか?


遊「薄桜鬼で飲んでるのはほとんど日本酒ですから、その時代になかった物、
  ビール(自分が好きだから)とかワインですかね。
  そういえば北海道で土方さんの顔写真のラベルのワイン売ってますよね」

監「当時は自分達で酒を作ったりしてましたからね。
  密造かもしれませんが・・・どぶろくとか・・・。
  こちらの物を勧めるというよりは、当時の酒を飲んでみたいですね」

MC「あれ・・なんか話が思わぬ方向に・・・。
  ここからはなの舞の話になって、新しいドリンクにワインが追加されたりとか
  そんな展開があるかと思ったんですが・・・w」

遊「え、はなの舞関係者来てるの?w」

MC「いや、来てませんが(笑)でもこの上映会が終わったらはなの舞に
  行こうと思ってる方とかいると思うんですよ。
  メニューに追加して欲しいって声があがれば実現したり・・・?」

遊「聞きました?ジェネオンさんは手を汚さず、君達に言えと言ってますよ?(笑)
  汚いですねーwww」

MC「いやいやいやw(汗)」

Q.薄桜鬼のキャラクターで誰が一番好きですか?
  また、雪華録を通してみなおしたキャラクターは?


遊「今回、永倉の他にも2人いましたよねー・・・?(笑)」

監「原田はカッコイイと噂レベルで聞いたりしてたのですが・・・・
  今回の原田編を見ると、原田がカッコイイというのは仕方がないな、と(笑)
  鬼の中では不知火。今回の永倉編でも――」

遊「原田ですよ!w」


監督マジどんだけ新八好きなんwwwwww

監「自分達の身体能力だけも十分強いのですがそれだけでなく、
  新しい文明を取り入れていたりとかしますよね」

遊「天霧も、風間もですが、鬼は頭がいいなと思いますね。
  原田も何か感じるものがあったから槍を止めたんでしょうし」


不知火との一番最初の出会いのシーンですね。

遊「みなおしたのは千姫。たまに来てはきついことを言って去っていくから
  『この人なんなのw』と思っていたけど、今回の風間とのやり取りを見て
  度胸が据わってるなとみなおした」


そしてここで、これまた毎回恒例の本編と同じぐらいの時間が経過したと通達。

MC「というわけで本編と同じぐらいの時間がもう経ってしまってですね。
  ・・・僕は何の言い訳をしてるんでしょう(笑)」

ここで遊佐さんが本編の左之さん風に

遊「男は言い訳しねーもんなんだよ」

と言ってくれて会場歓喜w
最後に皆に一言ずつ言って舞台挨拶は終了となりました。

ちなみに2回目の上映、またしても映画館の照明が落ちないまま始まって
「おいまたかよw」って思っていたら、最初の左之さんと新八のやり取りの

新八「あーもう同じ新選組だっていうのに~~」

左之「シッ!」


のあと画面が暗くなって何も映らなくなってしまって・・・。
一体何事かと思ったら、照明が落ちないまま上映開始してしまったことに対する
お詫びの放送が入ってまた頭から上映が始まりました。
前回まではそのまま続けて流しちゃってたのに今回はどうしたんだ・・・w
しかし上記シーンで画面が暗転したもんだから、なんていうか・・・
うっかり左之×新八のシチュエーションが思い浮かんでしまったのは私だけじゃないはず。
(※私は薄桜鬼はNC派です。)


【薄桜鬼 雪華録 上映3回目(18:50~)舞台挨拶】

毎回思うんですが、3回目の舞台挨拶も何とか上映後にしていただけないものか。
おそらく出待ちとかの問題があって3回目はいつも上映前なんでしょうけど、
いかんせん本編のネタバレができないってことで3回目の舞台挨拶は
毎回内容が薄いんですよね・・・。

なんやかんやとMCの小倉さんを監督と遊佐さんがいじって舞台挨拶スタート。

Q.薄桜鬼雪華録の見所とかありましたらネタばれせずに教えてください。

遊「いつもとは違った原田の一面を見ることができる。
  原田はまわりに影響されない。
(馬鹿じゃないといいたいらしいw)
  原田は女にもてると良く言われるが、薄桜鬼は女性キャラが少ないがために
  本当かどうかわからなかったが(笑)今回その辺もわかる」

監「原田がとてもいい男に描かれていますよ。
  そしてそれと対比される永倉・・・。
  原田編は随想録というよりオリジナル要素がすごい入ってる。
  これからそれぞれの隊士が島原でどういう任務についているのかがわかる」

Q.新選組隊士の中で原田さんは槍を得意としていましたが、
  遊佐さんが隊士として戦いに行くなら何を武器にして戦へ向かいますか?
  また、この人なら背中を預けられるという隊士は?


監「銃・・・ですかね。でも折角ならさしてみたいので刀かなぁ。
  銃はちょっと練習すれば誰でも使えるようになりますからね。
  的に当たるかどうかは別にして」


ここで会場がちょっとざわっ・・・となる。

遊「人じゃないよ?腰によ?
  こんなに男らしいアニメを作ってる監督が人を刺すわけないですからね!
  腰に差したいってことですからね?w」


何故か遊佐さんが慌てて弁解w

遊「銃撃ってみたいのもあるけど、監督が言うように銃は練習すれば
  使えるようになるからやっぱり刀かな。
  刀を腰に差してみたい。ロマンを感じる」

遊「背中は誰に預けますか?永倉以外でw」

監「守ってもらえるなら天霧・・・隊士だと島田」

遊「ヤマサキ監督には是非山崎と組んでもらいたい。
  ヤマサキ監督が山崎と組んでるとちょっと面白い(笑)」

遊「土方さんはちょんまげうざいんで嫌だなぁ・・・平助もか(笑)永倉かな!
  斎藤は襟巻きが邪魔。沖田は・・・背中見せたらえらいことになりそう(苦笑)
  消去法で永倉ですね(笑)」

MC「永倉、便利ですね(笑)」

Q.原田さんは切腹しても無事だったことを自慢したがりますが、
  お二人の自慢話があれば教えてください!


監「実は小心者だけどそうは見えないところ。
  今回、入り時間勘違いしてて遅れてしまってどうやって謝ろうかとか
  すごい考えてたけど、全然そうは見えないらしい」

MC「監督は堂々としててください(笑)」

遊「というか、今日あなたも遅れてきましたよね?w

MC「
(はっとして、笑)すみません・・・」

遊「今回ちゃんと時間通りの入りだったの自分だけだったっていうね(笑)」

遊「先日ラジオの収録があって、スリッパってパタパタすると音拾っちゃうから
  収録中は脱ぐんだけど足の爪が伸びすぎてたのか中で引っ掛けて
  足の爪が1/3ぐらい剥げたんだけど収録終わるまで言わずに我慢した」

監「え、今靴の中血だらけ?」

遊「それなら今日病院行ってますから!w時間通りになんて来てられませんよ(笑)
  そんな訳で、自慢は我慢強いところですかね。
  言えばいいのにって言われちゃいそうですが(笑)」


そして最後の一言で監督が

監「左之助の活躍を楽しみながら、永倉も拾ってやってください」

って言ってました。ホントどんだけ新八推すのwww
ちなみに今日の監督のファッションは、白のむっちむちポロシャツにネクタイをして、
黒いハンチング帽をかぶっていました。
もうね、ハンチング帽かぶってる監督の横に遊佐さんでしょ?
若干タイバニに思えて仕方なかったよねw

遊佐さんは黒一色でした。
胸元に少し柄が入ってる黒のTシャツに左胸にドクロのあしらわれた薄手の黒の上着、
チャックタイプのポケットがたくさんついてる黒のカーゴパンツに黒の靴、
そしてシルバーのネックレス、左手に時計、右手に太目のブレスレット?してました。


【雪華録の感想】

OP前にまさかの「山崎流忍法 た た み 返し!」がまた聞けるなんて素敵過ぎた。
監督わかってるね監督・・・マジ素敵!!!!!!!
1回目の上映も2回目の上映も山崎さんの台詞後、拍手喝采でしたよw

【ストーリーダイジェスト】
・山崎さん
・里へ戻る千姫と君菊の前へ風間と天霧登場
・千鶴は良い嫁になる
・左之さんは天然たらし、この歩く18禁が!
・源さんだと!
・平助通常運転
・左之もカッコイイが不知火カッコよすぎマジ惚れる
・まさかの伊東さん登場で会場がざわつく(2回ともw)
・新八の最後の台詞wwwww


やべ、ダイジェストとか偉そうに書いた割に全然内容がないw
でも大体こんな感じ。

左之さんの回は監督も言ってましたがオリジナル要素万歳でした。
島原での一件は平助編へのつなぎ用にか、ホントにちょろっとだけ。
私個人としては「キスされると思ったか?」をすごく見たかったんですが、
やっぱあれはダメでしたかぁ・・・まぁ土方ルートだしね・・・。
その代わりのエピソードがおそらく鼻緒の件なのでしょう。

作画はやはりさすがはOVA、今回もすごく綺麗でした。
1、2巻に比べても原田編が一番綺麗だった気がする。
そして前巻がギャグ回だっただけに、今回はなんだか心にずっしりくるものが。
ちなみに告知(?)通り沖田・斎藤の台詞は一言もありませんでした。

EDは左之さんの曲だけちょっと異色で昭和レトロな感じというか・・・
まぁCD買っちゃったんで曲はもう聞いて知ってたのですが、
あの曲とEDのイラストをどう組み合わせてくるのかと思っていたら
これがなかなかちゃんとマッチしてて良かったです。
しかし風間は天霧とセットだったのに不知火は単独で登場というw
つかホント不知火カッコイイ・・・。
山崎さんはさすがに声だけだったのでEDへの登場はありませんでした。(;ω;)


公式Twitterも宣伝してましたが、今回の上映から雪華録の物販と千社札が始まりました。

山崎さんのグッズがないとかどういうことなの・・・

千社札の方は人が多すぎて撮れなかった、、、
まぁでもイラストはキービジュアルの使い回しでした。
グッズは映画館の中のフロアで販売だったのでチケットないと買えないですが、
千社札の機械は外に置いてあったのでチケットない人でも作れるみたいです。
グッズの方は前にも売ってた物もあって、缶バッジは他にも結構種類ありました。

それからそれから!
2回目の上映が終わった直後にすごく素敵なクマを付けてる方を見かけたので
お願いして写真撮らせてもらいました。シェリーメイ?

左之ちづとか可愛すぎる(*´ω`*)

ちゃんと2人に服着せてる・・・!すごく愛を感じます。
千鶴がぬいぐるみの首の向きの関係でそっぽ向いちゃってますがwww
そしてガチ撮影ですみませんでした・・・。
いきなり鞄から一眼出て来たらびっくりしますよね。(゜ω゜;)
しかし私は常に本気モードです。(キリッ

撮影&掲載許可ありがとうございました。(/ω\)
スポンサーサイト



| 薄桜鬼 | 2011-10-02 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT