無料レンタル
FC2ブログ

ダルメル腐ログ

ヴァナ・ディールで生活するエル♀がどこか違う方向へ向かってしまったようです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

体感(たいきゅん)オトメイトMUSEUMレポ

体感(たいきゅん)オトメイトMUSEUMに行ってきました。

パルコミュージアム

体感(たいきゅん)オトメイトMUSEUM
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=528


【場所】PARCO MUSEUM パルコミュージアム 渋谷パルコ パート1 / 3F

【期間】2012/12/29 (土) -2013/01/07 (月)
     10:00~21:00 (入場は閉場の30分前まで)
     ※大晦日は19:00まで、元旦は11:00~19:00。最終日は18:00まで。

【入場料】一般500円・学生400円・小学生以下無料


たいきゅんて何ぞや?と思っていましたが、何てことはない、ただの展示でした。
ワンコインで見れてお土産付きだからまぁいいかな、って感じです。
500円以上だったら正直高すぎると思います。

入場特典は全15種で3作品(薄桜鬼、アムネシア、猛獣使い)のみ。

DSC02966.jpg

客の入りは年末ということもあるでしょうが初日からそんなに多くなかったです。
時間帯にもよるのでしょうが、私が入った時は私以外お客さんが誰もいなくて、
約50分滞在してましたがその間に来たのはたった6人でした。
私的には写真が撮りやすくてよかったですがw

ちなみに私、写真撮るためととある事情により50分もいましたが、
普通に回るならじっくり見て10~15分、ざっと見るだけなら10分もかからないと思います。

写真は折りたたみに。クリックすると大きくなります。
今回は感想も含め結構淡々としております。


入口から入るとまずはオトメイトブランドのゲームパッケージがずらり。

オトメイト

反対から。

オトメイト

反対側にはオトメイトの年表。

オトメイトの歴史


そして進んだ先には障子。

薄桜鬼遊戯録

よーく見ると小さな穴が。

沖田の嫌がらせ

中をのぞいて紐を引くと・・・目つぶしされます。
嘘です。風が来ます。というのも嘘です。
こちらは薄桜鬼遊戯録とのコラボでした。中に何か見えます。


お隣はアムネシア。

アムネシア

私はゲームやってないので詳しくはわからないのですが、
主人公がトーマに檻に閉じ込められるシーンの再現のようです。ボイスも流れていました。

アムネシア/トーマ

しかしこの状態だと主人公(観覧者)が閉じ込められているのではなく、
トーマが閉じ込められてるみたいです。


続いて猛獣使いと王子様。

DSC02921.jpg

周りは城内をイメージしているのか赤いカーテンにシャンデリアがきらびやか。

DSC02923.jpg

ソファーにはオトパで速攻完売した変身後のぬいぐるみ。

DSC02925.jpg

鏡は何だろう・・・何か意味あるのかな。
おひとり様の場合にこうやって自分も入れて写せばいいのか?

DSC02922.jpg

ライオンだけ実物大があって、もふもふ触れるようになってました。

DSC02926.jpg

カーテンの中は見てないのでわかりませんが、こんなんなってたらどうしようw

ライオン

コーナー終了付近にはスチルのパネル。

DSC02927.jpg


そして最後は再び薄桜鬼。しかしスチルの内容ばらっばらだなw

DSC02932.jpg

斎藤さんは遊戯録、土方さんは無印
DSC02928.jpg

沖田、平助は随想録
DSC02929.jpg

左之さんは遊戯録、千景さんは黎明録
DSC02930.jpg

こちらのイラストは薄桜鬼ポータブルのジャケット
DSC02931.jpg

桜の花と副長
DSC02934.jpg

反対側では大型モニターで随想録のオープニング?が流れてました。
山崎さん撮ろうとしたらタイミング失敗してしまって、
深夜にやってるエロアニメの規制みたくなってしまった・・・。

DSC02943.jpg

もう一周待って撮りなおした。(`・ω・)

DSC02942.jpg


この先はスチルやジャケット絵等の線画展示でした。
そちらは撮影禁止エリアになっていたので写真はありませんが、
薄桜鬼、ワンド、ヒイロノカケラ、クロックゼロ、アムネ、猛獣使い、
夏色モノローグ、華ヤカ、L.G.S、源狼、ディアボリ、十鬼が展示されてました。
まだあった気がするけど覚えてない・・・。
線画にはちょこちょこ指定が入っていたりコメントが入っていたり色がついていたり
設定画だったりと様々でしたが、華ヤカはカラーイラストのみ。


物販コーナーは想像してた以上に品数充実してました。

DSC02952.jpg

DSC02953.jpg

DSC02967.jpg

しかしアクリルシャイニープレートたけぇよ!

DSC02950.jpg

よっぽどのコレクターじゃないとこの値段は出せないぜ・・・アートカードで十分だ。

DSC02949.jpg

そして華ヤカコーナーでかかった!というか鍵の在庫ww
通販やナンジャでは売り切れ出てましたがこちらでは普通に売ってました。

華ヤカ

アムネシアはタペストリー。

DSC02948.jpg

物販のコーナーにもモニターがあってプロモが流れてたのですが、
私がウロウロしてる時にキネトグラフのPVが流れたので速攻で写真撮ろうとしたんですが
急だったので間に合わず、プロモが一周してキネトグラフまで戻るのを待ってみたけど
かなりの本数入ってるのか全然戻ってくる気配がなかったので、
ショップの店員さんにお願いして華ヤカまで早送りしてもらいました・・・w
(これが最初のほうで書いてた50分もかかった“とある事情”)

進様

進様・・・むふ。

物販の横にはキャラクターのパネル。これが日替わりで変わるやつですね。

DSC02956.jpg

一緒に撮影できるというからアプリスポットでもあるのかと思ってましたが、
これなら普通のイベントでも撮れるじゃないかw
出かけるついでに寄れたので行ってきましたが、わざわざミュージアムへ行くために
行くまでもないかなぁ。今回限定のグッズで欲しいものがあればって感じです。

例によって迷ったし!田舎者なめんなよ!
一応パルコへの行き方を書くと、JR渋谷駅のハチ公口を出て大きなスクランブル交差点から
マルイ方面へ向かい、マルイまで行ったら左の通りを進んだ先にパルコがあります。
パルコミュージアムはパルコパート1(見えてる建物)の3階です。
入って右に曲がるとエスカレーターがあるので、のぼってすぐ正面がミュージアムです。

DSC02972.jpg

上の写真で見えてるマルイの前からパルコが見えます。

DSC02969.jpg

ほんとはナンジャの記事からあげようと思ってたんですが、
編集ソフトを実家に持って帰ってきたのに登録コード忘れちゃって起動ができなかったので
特に編集いらないオトメイトミュージアムからアップしました。

さて、今日は衣装作るぞー!
スポンサーサイト



| 薄桜鬼 | 2013-01-02 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT