無料レンタル
FC2ブログ

ダルメル腐ログ

ヴァナ・ディールで生活するエル♀がどこか違う方向へ向かってしまったようです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」後篇完成記念祝賀ノ会レポ①

華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ[後篇]祝賀ノ会へ行ってきました。

チビキャラ

ご兄弟

今回は普通に使用人としてイベントを楽しんだので箇条書きレポになりますが、
色々と盛りだくさんでとても楽しいイベントでした。

前篇祝賀ノ会の様子は3月に出る後篇の限定版にDVDが付属するということですので
おそらく後篇祝賀ノ会はポウラスタの限定版にでも付くんじゃないかと予想。
というか付けて!!w高くなってもいいから!
しかしポウラスタが初夏発売っていうのは完全に予想外でした。
早くても秋ぐらいかと・・・夏に真冬のお話・・・うん。

だけど今回、物販はだいぶ数を絞ったのか売り切れが続出してましたね。
私は12時半ぐらいに会場へ到着しましたが、
私が到着した時点でもうポストカードが売り切れてて、
会場の中へ入れる頃にはパンフレットケースとシュシュ(茂、進、博)が
売り切れてました。(たぶんこの辺のご兄弟は元々数が少なかったのでしょうが)
私がもうちょっとで買えるって頃には「喜助さんラス1でーす!」
のアナウンスが聞こえ、買うつもりでいたから気が気ではなくなってw
レジへ到着した瞬間、購入リストの紙を出す前に「喜助さん下さい!!!」と叫び
なんとかギリギリでラス1を買うことができました。良かった(*´Д`*)
今回の戦利品です。

戦利品!

イベント前に欲しいものを計算したら28000円になったのですが、
断腸の思いで15000円まで削りました・・・。
パンフレットケースとシュシュとハンケチは先に並んでいたフォロワさんに
買ってきて頂きました。
私が到着した時にはハンケチ以外売り切れていたので、本当に助かりました。
ありがとうございました><
それからランダム配布だった便箋、昼の部はまさかの玄一郎様だったのですが、
進様と交換して頂きました本当にありがとうございました・・・!
夜の部は喜助さんで2個そろったo|。゚+.ヾ(・∀・)ノ゚+.゚|o わーい。

以下、後篇祝賀ノ会のレポです。
今回は昼の部、夜の部に分けてではなく全部一緒になってます。
続きは長いので折りたたみ。


「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」
        後篇完成記念祝賀ノ会[昼の部]&[夜の部]


2012年11月4日(日) 14:45、18:00~ ゆうぽうとホール

【出演】
宮ノ杜 正:宮内 敦士
宮ノ杜 勇:田坂 秀樹
宮ノ杜 茂:前田 剛
宮ノ杜 進:梯 篤司
宮ノ杜 守:泰 勇気
有田 喜助:片桐 勇介

九十九院 紀夫:興津 和幸(昼の部のみ)
工藤 清志:浪川 大輔(夜の部のみ)

アーティスト:みとせのりこ(ゲームOP曲担当)
        Ceui(キネトグラフED曲担当)


・オープニング

いつものように舞台スクリーンにキャラクターの画像が映し出され、
一言ずつ台詞を言ってキャスト陣が登場。
正様は「今日は宮ノ杜銀行開設祝い」?と言っていて、
勇様は「俺の講演会、戦いについて教えてやる」
茂様はいつもの調子で「兄さんたちは何を言っているんだか。今日は節分、
豆まきをするんだよね。あ、兄さんたちに豆ぶつけちゃお♪進クン、豆持ってきて!」

相変わらず兄に使われてしまう進様・・・
「豆を持って来いって…宮ノ杜銀行開設祝いに勇兄さんの講演会に豆まき…」
守様は「俺の新作発表会」と言っていたものの「新作のタイトルが思いだせん…」とかで
喜助さんは忘れちゃったけど兄弟が言ってた内容をリピートしつつ最後は
「行くか!」って感じで登場しました。

夜の部は昼の部の内容を踏まえてのオープニングでした。
朗読劇の内容も昼夜で違うと最初から宣言されてましたし、
祝賀ノ会の構成自体が元々昼夜通しで見るようになってたみたいですね。

一通り挨拶が終わってキャスト陣が登場すると、前篇同様司会の吉田氏が登場。
キャストをいじり倒したらキネトグラフ後篇の上映でした。


・キネトグラフ[後篇]上映会

こちらは前篇と同じく50分。
内容については発売前なので割愛しようと思ったけど私が語りたいので書きます。
以下、囲った部分はネタバレを含んでいます。

キャラ紹介も兼ねて色々とドタバタだった前篇でしたが、
後篇はもうファンサービスな内容がてんこ盛りでした。
ラヂヲで「ドラマCDとか特典を追ってくれてる人はニヤリとする内容」
と言っていたのですが、本当にその通りでした。
引きの作画の崩れと芸者おはるちゃんのアップ顔のバランスの悪さと
細かな動きのリピートがかなり気になりましたが、
アフレコは線画で行ったみたいですし相当時間なかったのかな・・・。
製品版では直っていると良いのですが。
(まぁ普通の1クール2クールのアニメだと色付いてる方が珍しいみたいですが)

あと、進様が!!!!!!!
燭台で見きれてるし(食堂)兄弟の肩の間から生首になってるし(おぼろ亭)
肩幅やたら狭いし何か色々あれだった・・・。
正様が「はる」って呼んだ呼ばないのやりとりのところのジト顔は可愛かったですがw
でも藪入りは博様ルートかと思いきやまさかの進様ルートで……私はもう……。

しかし工藤さん登場させた意味あったのかとか、
首相のことも守様のこともあやふやなままだしかなり尻切れとんぼな感じでした。
でも藪入り過ぎると個別ルート入っちゃうし、仕方ないかなと…。
ルート毎に出すのは難しいでしょうしね。
でも前篇より後篇の方が面白かったですいろんな意味で(笑)



・ボイスメッセージ

上映が終わったら再びキャストさんが登壇。
そして昼の部は紀夫役の興津さんが、夜の部は工藤役の浪川さんが登場です!
興津さん(昼の部に出演)は元々華ヤカファミリーなので、
「ゴミ」「クズ」「死ね」等の言葉に免疫があったのですが、
ほぼゲスト出演だった浪川さん(夜の部に出演)は華ヤカの知識がOVA分しかなくて、
「えっ・・・これ大丈夫なんですか?みんな(頭)大丈夫?」
と、かなり戸惑っていました。(笑)大丈夫です。

キャストが全員揃ったところで、今回出演できなかった岸尾さんと岡本さんからの
ボイスメッセージが流れ、岸尾さんは通常運転、
岡本さんは梯さんと泰さんへ見事な呪いをかけて下さいました(笑)

岸尾「北斗ろ……北斗ろくきょ……北斗六兄弟の後男、
   宮ノ杜進…あ、宮ノ杜博役の岸尾だいすけです。もうボロボロだな(笑)」


ほんとボロボロすぎるwww更には

岸尾「今日は科学……で神様になってますが……天狗が……」

よく聞き取れなかったけど今回の祝賀ノ会に参加できなかった理由を
ほんのり匂わせてました。
そう、実は今回岸尾さんと岡本さんがいなかったのは、別会場で行われた
『神様はじめました』のイベントの方に参加だったからなんですよね…。
(岸尾さんは『神様はじめました』で天狗の役)
会場間の距離は電車で30分程度だったので、夜の部だけあっちが終わったあと
サプライズで登場とかないかなぁって思ってたけど、やっぱりありませんでした。残念。
しかし岡本さん、さすがは雅様といいますか……。

岡本「正兄さん、寝ていませんか?勇兄さん、手を振ってますか?
   前回あまり振ってなかったから今回はきちんと振ってくださいね。
   茂さん、今日もカラフルな衣裳を着てますか?
   進さん、最後に『愛してる』って言って下さい。
   守さん、絶対にすべらない一言をお願いします」


梯さんと泰さんが災難すぎるwww
ちなみにこのメッセージ、昼の部と夜の部で内容は全く同じでした。


・朗読劇

ボイスメッセージが終了したら、次は一番楽しみにしていた朗読劇!
今回の朗読劇は高木さん書き下ろしで、昼の部は「悪霊退散呪文集」
夜の部は「首席秘書官の観察」でした。

・悪霊退散呪文集(昼の部)
昼の部は今回の祝賀ノ会に出席できなかった岸尾さんと岡本さんへのアドリブが
ふんだんに盛り込まれていました(笑)
舞台は宮ノ杜家のお屋敷、10日前頭痛がひどいという茂、
10日前から眠気が取れなくて初めて原稿を落としてしまった守、
10日前から肩こりがひどくありえない失敗ばかり続いているという正。
紀夫は正のミスのフォローをするために玄一郎へ会いにきていたという設定。
具合の悪い全員が10日前から症状が出ているということなのでこれは何かの
呪いじゃないかという話になり、玄一郎から借りた「悪霊退散呪文集」を
順番に試してみることに。
各症状に合った呪文を選び、呪文を唱えるご兄弟。(うろ覚え)
守「お前を愛している。結婚してくれ」
茂「俺は君だけしかいらないから…一緒に死のう?」
正「今夜はお前を寝かさない」
呪文を唱えると具合が悪いのが治ったご兄弟。ご馳走様でした^^

・首席秘書官の観察(夜の部)
招待状をもらった工藤は宮ノ杜家とのつながりを持ち利用できたらと企み、
宮ノ杜邸を訪れる。しかし彼を待ち受けるのは一癖も二癖もある宮ノ杜七兄弟。
兄弟たちはそんな工藤をただの秘書官ではないと推測し、
守や勇はいつもの調子で「殺した方が良いのではないか」と騒ぎだす。
やはり兄弟たちを相手にすんなりいくはずもなく、諦めた工藤はもう帰ろうとするが、
そこを勇に見つかってしまい引き止められる。
更には「お互いを知るにはやはり酒だ!」と言いだし、
例の『燃料酒』(※)を喜助に持って来いと命令する。
(※昼の部のシャッフルアフレコで登場した燃料のように燃えて全く味のしないお酒。
  ちなみに一杯飲んだだけで気絶するぐらい強い酒である)
喜助に1人ずつ注いで回らせ、言い出しっぺである勇は味のしない酒を
男らしく一気飲みするが、たった一杯飲んだだけで倒れてしまう。
(田坂さんも台詞に連動してその場で倒れたwww)
勇が倒れたにも関わらず、無関心な他の兄弟たち。
それを見た工藤は「人ひとり倒れてるのに何故放置するのか」と戸惑うが、
そんなことは露知らず、もうどうにでもなれと正も燃料酒を一気飲みしその場に倒れる。
更に続いて進、守、喜助も飲みほし、進以外はその場でダウン。
(やはりキャスト陣も連動して舞台上で倒れるw)
元々酒に強い進は、2杯目を飲んでいつものハイテンションになりダウン。
茂だけは「こんなおいしい場面見逃せない」と酒は飲まずに素面のまま。
途中で意識が戻った(という設定)の正、勇は一度起き上がって一言何か発すると
またその場に倒れてしまう。
いよいよ収集がつかなくなってしまった兄弟たち、そして困惑する工藤。
結局最後は意識が戻った守の一言で舞台の幕が降りた。

もう、終始笑いっぱなしw
舞台に立っているのが前剛さんと浪川さんだけという超カオス状態。
皆一度倒れても自分の台詞のところでは起き上がってきて、
台詞を言ったらまた倒れてと芸が細かいw
宮内さんと田坂さんは朗読劇が終わっても倒れたままで、
他のご兄弟たちが駆け寄っていました。(宮内さん寝ないで!w)


そんなわけで、続きとお花の写真は②に続く。(時間切れ)

続き
http://gotsuko.blog87.fc2.com/blog-entry-839.html
スポンサーサイト

| 華ヤカ哉、我ガ一族 | 2013-02-07 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。