無料レンタル

ダルメル腐ログ

ヴァナ・ディールで生活するエル♀がどこか違う方向へ向かってしまったようです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミュージカルアムネシア感想

アミュネ、全公演終了しましたね。
私は1/13(月)の夜公演(ケントエンド)を見に行って、千秋楽はニコ生で見ました。
チケットもう1枚買ってありますがまだトーマエンドは見てないです。

チケット

いやはや、面白かったですね。(3回目)

ニコ生の評価もすごく高かったです。

評価

実は昨日アニメの方をダイジェストに見直したんですが、
微妙だと思ってたアニメがなんか、面白かったぞ・・・?
舞台はかなりわかりやすくなっていたといってもやはり尺の関係もあって
全部は入りきってなかったので、改めてアニメ見たら
ここはこうだったのかーっていうのが結構あって楽しめました。
しかしアニメの何がすごいって、最終回は主人公、オリオン、ウキョウの
3人しか喋ってなかったってことだよね。最終回アフレコ、3人でやったのかなw

ここから先はネタバレ付きで。


先日の記事にも書きましたが、ミュージカルアムネシアはアニメ版アムネシアを
ベースに舞台化されてるのでストーリー展開はアニメと全く同じです。
物語の取っ掛かりはジョーカーの世界(オールキャラ)からスタートで、
オリオンと接触し、主人公は事故やトラブルをきっかけに
ハート→スペード→クローバー→ダイヤ→ジョーカーと平行世界を移動していきます。
そして移動する主人公に合わせてウキョウも主人公が生きている世界を探し、
主人公を追い求めて平行世界を移動しています。
それを表現していたのが、舞台セットの4枚の扉とオリオン、ウキョウの演出。
扉には左から順番にスペード、ダイヤ、ハート、クローバーのマークが付いていて
ウキョウが前の世界を裏返して元に戻し、オリオンが移動先の扉を裏返す。
最後、ジョーカーの世界では全て扉のマークがジョーカーに。


・オープニング
アニメと同じく、ジョーカーの世界からスタート。
ケントのパウリ効果の台詞がすごく大変そうだった。いつ噛むかとヒヤヒヤした・・・。
主要キャラが全員登場後、ワカさんも登場してその日のエンドのキャラが
客引きという名目で客席に下りて名詞を配り&ミニゲーム(たぶん日替わり)

13日はシン、トーマ、イッキ、ケントの4人であっちむいてホイトーナメント戦。

イッキ「僕、手を使うゲームでは負ける気がしないよ」


組み合わせはちょっと忘れてしまったんですが、
確かシンvsトーマ、イッキvsケントだったと思います。
そしてあっさり負けるイッキwww
(※原作設定:イッキは手を使うゲームにめちゃくちゃ強い)

トーマ「イッキさん、さっき言ってた台詞をもっかい言ってもらえますか?」
イッキ「僕、手を使うゲームでは負ける気がしないよ
(ボソボソ)

何とかごまかして最終戦。
そしてこちらも一発で負けるイッキwwwwww

トーマ「イッキさん、さっき何て言ってましったっけ?」
イッキ「僕、手を使うゲームでは負ける気がしないよ
(ボソボソボソ)
トーマ「え、何ですか?」
イッキ「僕、手を・・・・・・・・・・
(ボソボソボソボソボソ)

いじられまくるイッキ可愛い。
負けた人は罰ゲームってことで、客席に下りて愛の告白をさせられていました。
千秋楽は全員登場でウキョウさんの無茶振りが面白かった。(笑)

ちなみにここのシーン、主人公ちゃんとオリオンはずっと後ろで待機してるんですが、
笑いこらえるの大変そうだった・・・w
オリオンはともかく、主人公ちゃんは笑えないからね。
下向いて肩めっちゃ震えてたよねwww

オリオンソングが終わったら、ホラーなウキョウさんが登場して
アニメOP「Zoetrope」をアンサンブルが熱唱&ダンス。
OP担当してたとはいえ、何でやなぎなぎさんから花が来てるんだろうって思ったら
舞台で楽曲使用あったからでした。
間奏での意味深な台詞にイッキ、ケントの数学問題トレード、ダンスと盛りだくさん。

数学の問題


♥ハートの世界
キスから始まるサスペンス。
旅行再現とか、ちょいちょいキャストも出てきて面白かった。
ワカさんはオネエ。
動きもオネエで、歌い終わった後はけるときの走り方も可愛かったw


♠スペードの世界
アニメでただでさえギャグだったのに、実写でやられるとつらいwww
イッキ「あ、バッグ持つよ」
主人公「バッグは自分で持ちます!!」


店長ワカさんは鬼軍曹。

ワカ「客は敵だー!」

ワカ「立てる奴は全員立て!ケツをほぐせ!!」

お客さんを指名しての台詞反復面白かったです。
ちなみに13日のケントエンドでは、

ワカ「そこのお前!そう、ストライプの服を着ているお前だ!復唱しろ!」
アンサンブル「店長!自分の母親です!」
ワカ「!!!!??」
(すげー動揺wwwwww)
ワカ「なんていうかゆうき、すまん!!お母さん、息子さん頑張ってますよ!」
鬼軍曹から急に丁寧になるワカさんwww
アンサンブル「隣は祖母です」
畳み掛けるアンサンブル、更に動揺するワカさんwww
ワカ「ちょっとマジで動揺してる。お母様、一緒に言っていただけますか?
   よろしかったらおばあさまも一緒にお願いできますか?・・・客は敵だー!」
母&祖母「客は敵だー!」


イッキ「店長、当店は男性スタッフが不足しているんですが……そこに男性が!」
ワカ「さすがだなイッキ……そこのお前、復唱しろ!いいですか?」

急に丁寧になる鬼軍曹w
ワカ「客は敵だー!」
男性客「客は敵だー!」
イッキ「店長、あちらにも男性が」
ワカ「さすがイッキ、よく気づくな。やってくれるか?・・・客は敵だー!」
男性客2「新成人おめでとー!」

思わぬ応答に若干動揺しつつ
ワカ「気の聞いた言葉をありがとう、採用だ!」 ※13日は成人の日

千秋楽近くなってくるとお客さんも慣れてきてワカさんの言葉に
「イエッサー!」と答えてましたが、13日はまだ公演始まったばかりだったので
お客さん数名が「イエッサー!」と叫ぶとワカさん動揺してましたね・・・w
ワカさんのことばかりになってた!

「バック持つよ」に続いて変なお面も健在で、
ピンポーン
主人公「はい」
イッキ「やぁ」

ピンポーン
主人公「だっ、誰!?」
イッキ「僕だよ」
主人公「誰!?」
イッキ「僕だよ!」
警察・・・
主人公「警察・・・」


イッキ「いや、僕だって!」

アニメの提供といい、イッキルートおいしすぎだろ・・・w


♣クローバーの世界
おはよう、おやすみ、おはよう、おやすみ。
メール

おはようからおやすみまで、アニメでは1話にも満たなかったケントルート。
まさか舞台まで・・・ってビクビクしてたけど、あれだ、舞台もちゃんと短かった^^

/(^o^)\

ケントルートのワカさんは無口なので歌とかも何もなかったせいもあるけど、
それにしたって短いよ。正味15分だよwww
日によって若干違うだろうけど各キャラクターがメインの時間は
シン20分、イッキ25分、トーマ28分、ウキョウ28分でした。
人気格差・・・。(イッキルートが長いのは軍曹のコールアンドレスポンスあるから)

画伯な主人公ちゃんも健在。
画伯wwww

そういや小林くんの歌声、なんか鳥海さんに似てるね。


♦ダイヤの世界
公演が終わるとパスタに詳しくなるトーマルート。
いやはやホント、トーマでしたね。
日によってはアドリブで主人公ちゃんに作ったスープをトーマが飲んでたみたいです。
病んでいく演技もすごくリアルで、怖かった。
檻ガールはアニメ以上に衝撃的な絵面でした。

主人公ちゃんのピッキングスキルも健在。
アニメではスッと頭からヘアピン取って普通に鍵開けててかなり不自然だったので
舞台ではオリオンが台詞でカバーしてましたがやっぱり不自然だった。


☯ジョーカーの世界
劇団ウキョウ改め劇団磯貝。
ナイフで自分の胸を刺したあとムクリと起き上がって突然歌い出して
シリアスなシーンなのに笑いそうになって困ったよ。
二重人格の演じ分けも歌い分けも良かったです。
あと「肩を削る」吹いたwww千秋楽挨拶が本当に面白かったです。
彼が座長だったのかな?


・エンディング
ジョーカーの世界のあと、キャスト、アンサンブルも一緒に歌って踊ってのエンディング。
からの、日替わりエンディング。
アニメの最終回は主人公が自分で戻る世界(扉)を選択するという形で終わったけど、
舞台はゲームを元にその先を追加した感じですね。

おかえり、君がいた世界へ

ここまでで2時間以上が経過してるので結構な時間が経ってるんですが、
そこそこあっという間の2時間でした。
通常の公演で2時間40分ぐらい、千秋楽に至っては挨拶もあったので3時間です。


こんな感じで、今回はあまり詳しく書きません。
1500円で見れるので、アムネシア好きな人はホント、見て欲しいので!
https://secure.live.nicovideo.jp/event/amnesia
実は私、有料ニコ生見るの初めてだったので周りに色々聞いたんですが、

・プレミアム会員じゃなくても見れる。(一般会員登録は必要)
・画質はプレミアム会員も一般会員も変わらない。
・放送時間+24時間視聴可能。
 →アミュネの場合は約3時間なので見始めてから27時間の間は何度でも見れる。


ってことみたいです。
支払い方法もかなり色々選べるので、携帯決済とか楽で助かりました。
ちなみにニコ生のカメラワークはトーマEDより千秋楽の方がいいみたいです。
千秋楽挨拶とかもあるので、一度千秋楽を見てみて気になったら
トーマエンド見るっていうのがいいかも?

舞台は再演ありそうな感じですが、とりあえずはDVD購入者イベントまで待機ですかね。
今回かなり好評だったから、薄桜鬼みたく個別ルートやってもお客さんついてきそう。
ケント編とかやってもらえるか謎だけど・・・。
アニメ2期に関しては、正直あの終わり方だともうアニメの続きのまんまは
やりようがないのでアマガミとかフォトカノみたく、2-3話毎に攻略対象変えて
攻略対象ひとりずつ落としてく、もしくは落としたあとの話をやるぐらいかなーと・・・。

なんにしても、同じスタッフ、キャストで再演か新作があるといいですね。

オマケ:他ゲームでもいじられるケント氏のベルト
師匠!
すごいベルトの数wwww
スポンサーサイト

| その他オトメイト作品 | 2014-01-25 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。