無料レンタル

ダルメル腐ログ

ヴァナ・ディールで生活するエル♀がどこか違う方向へ向かってしまったようです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

舞台「一週間フレンズ。」感想

一週間フレンズ。の舞台見てきました。
http://oneweekfriends-stage.com/

見に行った理由はアニメがなかなか面白かったのでちょっと見てみたかったのと、
青エクで雪男やってた子が桐生くんにキャスティングされてたから。
初めて行く劇場だったんだけど、シブゲキめちゃくちゃ狭かった!主に座席間が。
見てきた感想としては、良かったような、悪かったような、です。

ストーリーは原作・アニメベースで最初の「友達になって下さい」から
屋上でご飯→お弁当、卵焼き18g→将吾を紹介→将吾にヤキモチ→日記無くす
→新しい友達(沙希)→勉強会で香織の家へ→母親からの呼び出し→夏休みに海へ
→新学期「僕と友達になって下さい」で、転校生が来るぞ~ってところで終わりました。
ポンポン話が進んでいくから一体どこまでやるんだろうと思いながら見てたけど
転校生は存在だけ匂わせて登場はせず、アニメでいうと9話の途中まででした。
最終的に上演時間は約2時間。
普通の舞台の長さなのになんだかすごく長く感じました。

キャラクターのキャスティングはなかなか良かったんじゃないかなと。
長谷くんアニメ以上にストーカー気質でハァハァキモかったし(褒めてる)
藤宮さんが天宮さん(中の人)に負けず劣らず声可愛かったし
桐生くんは細谷氏ほどではなかったけどなかなかにやる気なかったし(褒めてる)
しかしそれより何よりダークホースは沙希ちゃんでした。
声質、喋り方、雰囲気が完全に沙希ちゃんだった。本物や・・・!

脚本・演出はかなり慌ただしい感じではあったけど要所は押さえてて、
狭い舞台にも関わらず教室、屋上、香織の部屋とよく使い分けたなと。
一週間で記憶がリセットされるという設定なので
日にちが進んでいるのがわかるようにメインキャスト、アンサンブルが交代で
日付・曜日の入ったカレンダーを持って日付・曜日を言う演出がありました。

と、まぁ普通に感想書きましたが、いい雰囲気で終わるならばここでBACK。
ここから先はボロクソ行きますよ。




舞台の広報について。
これはこの舞台だけじゃなくて最近の舞台全般に言えるけど
まじで宣伝する気、客を呼ぶ気あるのかと。
今はTwitterとかFBとか色々な宣伝ツールがあるのに何故それに頼らない?
アニメの公式はフォロワ数多いんだからもっと宣伝してもらうとかすればいいのに。
舞台の公式のフォロワ数320人とかハコの収容人数と比べると1公演ちょっとじゃん。
私は前楽見に行きましたが、前楽なのに1~3列目(特典付きシート)が
2/3しか埋まってないしそこから後ろもまばらで1列目から詰めて座ったとしたら
5列埋まってたかな?って感じで演じてるキャストさんが可愛そうだった・・・。
千秋楽も埋まってなかったしね。。。

衣装、ウィッグについて。
プリーツスカートよれすぎです。
素人が作ってももう少し見栄え良いの作るよ・・・一体どこに発注したんだ。
ズボンはもっとパリッとアイロンかけよう?手作り感がすごかった。
ウィッグはとりあえず地毛でやるのかウィッグにするのかどちらか統一してくれ。
別に地毛でやるのが悪いわけじゃないけど藤宮さんの髪は栗毛色、
長谷くんの髪は亜麻色なのに何でこの二人地毛にしたのかな・・・。
全員地毛ならわかるんだけど将吾・沙希だけウィッグにした意味がわからん。
そして浮いてる桐生くんのウィッグな。

最終的な感想としては、色々と勿体無い舞台だったなぁと。
次があるならばもうちょっとうまく、やってくれるといいな。
スポンサーサイト

| 舞台いろいろ | 2014-11-26 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。